2012年02月24日

上田夢人さんの個人画集の発売です!

担当Fです。

CDに引き続き、「true tears」のキャラクター原案を
担当された上田夢人さんの画集が来週に発売されます!
表紙は、どどーんと乃絵のUPですよ!

ueda_cover_mihon.jpg

一足お先に完成したサンプルを見せていただいたのですが、
上田さんが今まで描かれた数多くの作品のイラストがギッチリと
収録されていて、ファン必見の内容となっております。

「true tears」ではアニメ誌やパッケージ等の版権絵は当時、
全てアニメーターさんに描いてもらったので、残念ながら
上田さんが描かれたイラストがほとんど存在しないんですが、
この本には上田さん個人のホームページに掲載されていた
乃絵・比呂美のイラストや、「true tears」のアニメ化に際しての
デザインワークス(キャラクター設定原案)が
収録されておりますので、ご興味のある方は是非是非!

(以下、発売元の一迅社さんからいただきました内容紹介文です)

**********************

■書名
上田夢人画集 First Stage

■仕様
2月28日発売
A4判
128P
2,625円(税込)

■内容紹介
イラストレーター、漫画家、キャラクターデザイナーとして
幅広く活動を展開している上田夢人氏の初画集が登場!
これまでの主な仕事の中から厳選したイラストの数々はもちろん、
手掛けたキャラクターデザインの資料など、
絵師・上田夢人の個性と技術が濃縮された1冊となっています。

収録作品:『true tears』『アイドルマスターrelations』
『戦闘城塞マスラオ』『レイセン』『収穫の十二月』etc...

2012年02月12日

ライナーノーツ

担当Fです。

CDは聞いていただけましたでしょうか?
eufoniusのお二人から、今回の新曲についてのライナーノーツが届いておりますので、
ここで紹介させていただきます!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■「プリズム・サイン」ライナーノーツ
riya
少し成長した登場人物達は、今はどうしているのだろう。
彼らからは前に進む事を教えてもらったから、きっと彼らも今でもそうしているだろう。
そんな皆の事を思い描きながら、「元気ですか、君たちの事は忘れていませんよ。」という
こちらからのメッセージを込めた歌にしました。
この曲は「リフレクティア」「涙の記憶」とセットで是非城端で歌いたいです!(笑)

菊地 創
皆のその後を想像して書きました。きっとそれぞれ色々な想いを抱えながらも変わらずらしく生きている。
どこか今の現実の世界ともリンクするような。聴いていて気持ちよく爽快&納得。そんな曲を作ったつもりです!
もう一度「true tears」を全話観て、「涙の記憶」を聴いて、さらにその後に「プリズム・サイン」を聴いて頂ければ
すごく納得して頂けるかと思います(笑)


■「near and far」ライナーノーツ
riya
今思い返してみると、これまで比呂美サイドの曲というのを書いていないのです…。
私は皆さんご存知のように(苦笑)乃絵びいきですが、きっと精神的には比呂美に一番近いのでは、と思います。
近いからリアルタイムでは彼女の歌を書けなかったのだろうかと思い、4年経った今になって本当に今更のように書きました。
時系列的には「そのままの僕で」よりも前の事になります。劇中歌のような曲です。
皆さんがこの曲を聴いて、「true tears」をまた見返すきっかけになれたら嬉しいです。

菊地 創
riyaの言う通り、初めて比呂美目線で作ってみた曲です。
僕が作らせて頂いた劇中BGMのようなニュアンスも織り交ぜつつ、何か懐かしさと温かさを感じられる曲を目指しました。
レコーディングでは初めてriyaにグロッケンでも参加してもらいました。手作り感と愛情も沢山詰まってます!

2012年02月08日

本日、CD発売です!

担当Fです。

「プリズム・サイン」
本日、発売となりました!!
ここのブログを見てくださってるファンの皆さんは、もちろん購入済ですよね?

放送終了後にこのような形でCDをお届けできるのも、
長〜く作品を愛し続けてくださる皆さんのおかげです。
ありがとうございます!!

今回、P.A.WORKSの堀川プロデューサーからも
CD発売に寄せての熱いコメントを頂戴しました!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

< プロデューサー:堀川憲司コメント >

eufoniusさん、【プリズム・サイン】発売おめでとうございます。
【true tears】3周年記念ソングなんですね。あれから3年か…ん?…放映が2008年1月で、今年が2012年でしょ?いつから数えて3年なんだろう。気になります。

【プリズム・サイン】を聴いているうちに、eufoniusは、この曲を物語の時系列の何処にいるヒロインにプレゼントしたのだろうかと想像したくなりました。
ポジティブな曲調と歌詞を繰り返し聴きながら、あの最終話からどれくらい時間が経ては、この曲をヒロインに贈ることができるのか、そこに至るまでにどんなドラマがあったのかが気になります。と云うのも、あの最終話の後日談を僕はずっと思い描くことができないでいるんですね。

【true tears】が切り取ったひと冬のドラマの後にも、彼女たちの時間はずっと流れ続けていたのです。それぞれに煩悶した恋愛経験を経て、その後どんな青春を謳歌したのか。同じ麦端高校で顔を合わせ続けているのだし、もうひと波乱ありそうだとか、いやいや、これ以上乃絵が苦しむのは見たくないとか、比呂美は卒業して都会に出たら変わるだろうな、とか、愛ちゃんが働くお好み焼き屋を城端に作って欲しいとか、ファンのみなさまと同様、僕もあれこれ考えていたわけです。西村純二監督や岡田麿里さんに訊けば答えてくれるかもしれないけれど、それじゃ空想創作の楽しみが無いでしょう?

そんな4年越しの課題を抱えているところに、eufoniusは、今回の【プリズム・サイン】で1つのドラマ視点を示してくれました。この曲を聴きながら、僕も【プリズム・サイン】的ヒロインの後日談を思い描いて楽しむことができました。

ひょっとすると、3周年記念というのは、あの最終話の後に、もう1年かけたひと波乱があったからでは!
ちょっと考えすぎですかね(笑)

P.A.WORKS 堀川

2012年02月06日

『true tears』3rd Anniversary Song

担当Fです。

『true tears』の3周年記念ソングが収録された「プリズム・サイン」がランティスさんから
今週2/8(水)に発売されますので、当ブログも久しぶりの更新となります。

キャラクターデザインの関口可奈味さんが今回のCDの為に書き下ろした
パッケージはこんな感じ。

tt_cd_3rd_anv.jpg


ちょっと成長した3人に贈るアニバーサリーソング。
店頭で見かけたら、是非是非、お手にとってみてください!

発売に際し、eufoniusのお二人からもコメントをいただきましたので、
ここで紹介させてもらいます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

< eufoniusコメント >

「true tears」への想い
riya
これまでにeufoniusが「true tears」関連で作らせて頂いた歌は、今回を含めて全部で8曲になります。こんな作品、他にあるでしょうか。
4年も皆さんに変わらず愛され続けている作品。この8曲とそれぞれのキャストさんが歌われたキャラソンでライブが出来ちゃいますね!
4年間で私達は本当にたくさんの縁を「true tears」という作品から頂きました。
今回のシングルで少しでもこの作品への感謝の気持ちを表せたら、という思いで作りました。
ずっとずっとこんな風に「true tears」が永く続いて行けば良いな、と思います。

菊地 創
「true tears」はeufoniusにとっても僕自身にとっても間違いなく人生のひとつの分岐点になった作品ですね。
この作品をきっかけに数々の縁や出会いも生まれました。
今でもふとしたときに観たくなる「true tears」。澄んだあの世界観に自然に引き込まれる不思議な心地よさ!
ファンの皆さんもきっと感じているのだと思います。
これだけ愛を感じる作品に出会えた事が本当に嬉しく思います!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


素敵なコメントありがとうございました!
お二人からは、曲についての解説(ライナーノーツ)の文章もいただきましたので、
これはCD発売後に当ブログで紹介させてもらいますね。

2010年02月20日

場面写だお

ナガッチョです!

いよいよ皆様のお手元にBDが届くまで1ヶ月とちょっとになり
ました〜本日は一足お先に新着場面カットをナガッチョのどーで
もいいコメントを満載でお送りします!

TT_omake000006.jpg

乃絵はナガッチョの嫁にならないかな〜w
実は先日我が家に新しい家族が増えました。女の子だったので
乃絵って付けました〜委員会の皆様のお許しがでたら、このブログ
で紹介したいなと思いつつ、相変わらず乃絵の目力は最高です!


TT_omake000017.jpg

青春バスケットアニメの最高峰!それがtrue tears(v^ー°)
朋与さんの雄姿が見れるのはtrue tearsだけ!

バスケットシーンにも定評のあった作品でもありました!
当時、友人と3on3を始めましたが、2回目の会合はありません
でした(ノД`)・゜・。


TT_omake000014.jpg


俺は生まれ変わったら純になるって決めてます( ̄ー ̄)ニヤリッ


以上、本日のナガッチョレポートでした!

2010年01月19日

ナガッチョのコメントだお

ナガッチョだお。

珍しくマフラーを巻いて出かけてみると、立ち寄る先で悉く忘れて
いく俺って…orz
何か最近忘れっぽい気がするのは気のせいではないはず………

さてさて前置きはこれくらいにして、いや〜皆様のttへの愛情
しっかりと受け取らせて頂きました。企画を始めた頃は「覚悟完了!」してみたり「みんなの現金、いやいや元気を分けてくれ!」って祈ってみたりと色々考えてましたが素晴らしい結末を迎えられそうで担当Pとして一安心しております。

むか〜しの事の様に当時の事を思い出してみましたが、何もかもが懐かしい状態に陥っていて、何を書いていいのかが、まとまらなかったので今回のパッケージを作っていての事を書くことにします。

今回、急遽コメンタリーを収録することになったのですが過剰サービスを心がけるナガッチョとしては日々何かを責任・無責任に関わらず「言っちゃった…」状態なのですが、制作担当のEさんが「作りたいんだったら概要を”ちゃんと言って、ここに書いて”」と言ってくれたので概要を書いた俺が「”ちゃんと概要書見てよ”」というやり取りを経て収録することになりました。ま〜やはり言ってみるもんだなと、ttの一ファンを豪語する私としてはやはり3人娘の新録音声は必須!と考えた次第ですが皆様共感して貰えますかね?
実際、先日収録をしましたが落ち着きますねwラジオを再度作りたいなと新たな野望を心に刻むナガッチョでしたとさ チャンチャン

と一部ナガッチョの脳内で変換された文章でお送りしましたが、こうして徐々に内容の充実化を目論んで回りをその気にさせる事に余念のないナガッチョなのですが、冒頭に書いたとおり最近忘れっぽいので
これを見ている皆様!私が見落としている事があったらご指摘下さいませ〜!!!

ナガッチョ

2010年01月18日

監督のコメントをもらいました〜

こんにてぃあ〜!
ご無沙汰ぶりのナガッチョです。

色々と私的用事が慌しく更新が出来ませんで失礼しました。

早速ですが前回、予告をしていた監督のコメントを掲載させて頂きます。が、私の都合で日にちがちょっと相手しまいました事をお詫びさせて頂きます。

<監督コメント>
truetears BDにコメント

一月一日。午後3時26分。truetears公式ホームページに岡田麿里さんと堀川社長のコメントを発見。二人の真摯な気持ちの溢れ文章に慌ててパソコンに向かってキーをたたき始めてます。初めて一度も面識のない堀川社長に電話を頂いたのが2006年の秋だから、もう三年も前。OAが終わって一年半以上が経っている。浅丘ルリ子の台詞風にいえば「630回の朝と630回の昼・・そして夜も同じだけあった」・・ということに。去年、ネット上でTTがBDにして欲しい作品のトップになってるらしいですよという話を聞いて半信半疑。その後、永谷Pから新しい形でのBD化に向けて実際に作業が始まってますと聞き嬉しさ半分、当然、不安半分。特典映像のコンテを描いてくださいという依頼で久々にキャラ表を探したら見つかりませんでした。その後の仕事の資料やシナリオ、コンテの山の下のどっか埋もれてしまっているらしかった。インターネットラジオも聞きました。相変わらずの高垣さん、けだるい!名塚さん、どんどん大人っぽくなる井口さん、お三方の声も去年の夏以来でした。頂いたユーフォニアスの新曲はすばらしかった。お二人のコメントの後で恐縮ですがtruetearsどんだけみんなから愛されてるんだよぉ・・・と。
本当に、みなさん有り難うございました。

追伸  書いたコメントを暖めていたら、今日、正式にBD化決定の
    知らせ。 再び、みなさんに感謝いたします。ありがとう。




とっても気持ちのこもったコメントを頂いちゃいました!
現状、監督は新作映像の作成に尽力して頂いております。ナガッチョも非常に楽しみな感じですが、監督のコメントにもある新曲もイイ!
色々な楽しみの詰まったtt BDボックスをお楽しみに!!



前回のブログにナガッチョのコメントを書きたいなと綴ったら「いつ更新するんだよ!」と多数のお叱りを頂きました…本当にゴメンなさい………結構、見てくれている事にびっくりしながらも頑張って明日に更新をさせて頂きますので、お楽しみに!!!!


ナガッチョ

2010年01月01日

明けましておめでとうございます!

あけおめ〜ことよろ〜ナガッチョだお!

2009年は最後にttのBD化発表によって締めくくれた
最高の年になったかと思います。
この企画が実現出来たのは熱心に応援をしてくれるファンの
皆様の応援によって実現出来た事と感謝の気持ちで一杯でご
ざいます!

本年は昨年以上にピッチを上げて走って行きますので、皆様
引き続きのご支援を何卒よろしくお願い致します。

現在、先にも触れたBD化のプロジェクトが進行中ですが、
ご予約をして頂きました皆様ありがとうございます!現在入金
を絶好調受付中ですので忘れずにねwナガッチョは昨日に
国際展示場のコンビニで振り込みましたよ〜以上宣伝でした…

ttのBD化プロジェクトに際して関係の深い方からコメントを
頂戴しました〜忙しい最中に本当にありがとうございます!


タイトル「ttBD化に際して」



<シリーズ構成:岡田麿里さん>
PAに行ったら、特典映像のコンテがぽんと机の上に載っていました。
あ、って思ってちらっと見て、閉じて、そしてもう一度見て、
背後に堀川さんが立っていたので「うむ、これが例の」とか言ったりして、
何度も無意味に頷いてみたりして。
そして、電車にのって帰りましたが……一人になったら、泣けてきました。

そこには、私がいちばん、観たかったシーンがあったんです。

皆さんが応援してくださったから、このシーンが映像になった。
あー、奇跡ってあるんだなー……って。
しかもこれは、皆さんがくださった奇跡です。
神様に祈ったって無理だった!
皆さんがいてくれなかったら無理だった!
皆さんが生まれてくれなかったら無理だった!オギャーーー!!
皆さんありがとう!皆さんのお父さんお母さんありがとう!
トゥルーティアーズを愛してくださって、ほんとにほんとにほんとに!!

心が震えました、皆さんが好きだ。

岡田麿里。



<プロデューサー:堀川憲司さん>
みなさんお久しぶりです!
大雪で遅れていた?Blu-ray BOX振込み用紙が、東京から戻ったら
自宅に届いていてホッとしたP.A.WORKSの堀川です!!

てなわけで、石動乃絵−高垣彩陽さんのブログ風に始めてみたのは、いつになくハイテンションだからであります。だって、だって、待
ちに待ったBlu-rayですよ。
僕も振込みましたよ。再生機は無いですけど、それが何か?3月26日
までにはきっと!

今年の7月、「じょうはな座」のイベントで久しぶりに『true tears』を見たときにね、キュンときたんです。なんでだろうな?この作品に込めた制作当時の思いが映像には記録されていて、それがフッと蘇ったのかな。
P.A.WORKSにとっては初元請、初恋みたいな作品なんですね。当日「じょうはな座」2Fの調整室から見ていて思いました。また何年か経って見直しても、その度に同じような気持ちになる作品なんだろうなって。

こんなことを言っていいのかな? 今日は言っちゃえ。
DVDが発売された頃はいまひとつ売れなくて、でも、この作品は、P.A.WORKSが今後も真摯に作品を作り続けていれば、いつかは認められて、遡って手にとってもらえる作品だと信じていたんですね。だから頑張って作品を作り続けようと。それが今回みなさんの応援でBlu-ray
BOX化が実現して、『true tears』はちゃんと評価されていた、僕たちは間違っていなかったんだと分って、単純に嬉しくて、今後の作品作りの自信にもなりました。

放映から2年近くが過ぎても、『true tears』を大切にしてくれているファンのみなさん、本当にありがとうございます。P.A.WORKSは、これからも長く愛される作品作りを目指してがんばります!


と2名の方からコメントを頂戴しました!
BD商品化決定の際には監督からコメントを貰っちゃおう!!という勝手な事を考えながら
ナガッチョの2009年は暮れて行きましたが2010年への希望を持って今年も頑張りますので
何卒よろしくお願い致します。

ナガッチョもコメントを書きたくなったので1月3日に更新をする事に致します〜


ナガッチョ

2009年12月03日

観光大使として!

こんちわナガッチョです。

日々寒くなりますね…そろそろ冬のビックイベントへの準備で
慌しい方々も多いのではないでしょうか。

さて、予約受付期間も残り2週間を切りました〜
お蔭様で…

すこぶる順調です


こりゃイベントをやりたくなってきたな(´・∀・`)ノ


2009120314480000.jpg

さて「井波特産のふる里いも」です
さと芋はマジでうまいっす!精力も付きますしね。

富山を語る上では押さえておきたいこの情報、詳しくは下記で…
http://www2.hitwave.or.jp/satoimo/index.html

2009年11月18日

情熱!

あっという間に時は過ぎて行き予約の受付開始から1週間が過ぎました!

この1週間の俺といったら…


おまえらの愛を感じまくり!



ヒャッホーヽ( ゚∀゚)/


今後ともよろです(・∀・)ノ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。